iPhoneではカメラ機能で簡単に動画を録ることができます。

 

せっかく録った動画を、パソコンではなく、そのままiPhoneで
編集したいと思いの方にぴったりの
iMovieという動画編集アプリがあります。

 

iMovieは、iPhoneでBGM付の映画みたいな予告編や
オシャレなホーム・ムービーを編集できる動画編集アプリです。

使い方は、タップやドラッグなど
iPhoneの基本的なタッチ操作だけで作成でき、とても簡単です。

 

iMovie
価格:450

ジャンル:動画編集 

★5段階評価:★★★★★


Sponsereda Link

 

iMovieの使い方:基本的なムービー作成

では、早速ですが基本的なムービー作成手順を見ていきましょう。
まず、下のメニューから「+」をタップします。

 

「新規プロジェクト」か「新規予告編」を作成するか、聞かれます。
今回はホーム・ムービーを作成したいので、
「新規プロジェクト」をタップしました。

iMovie 使い方

 

画面の説明どおり、
既に撮影したメディアを使用する場合は、音符アイコンをタップ、
今から撮影する場合は、カメラアイコンをタップしましょう。

撮影

 

今回は、既に撮影済みの動画を使用します。
カメラロール内の動画一覧が表示されます。
使用したい動画をタップすると、黄色い枠で囲われます。

動画選択

 

左のアイコンをタップすると、その場で動画を確認できます。
使用する動画を決めたら、右の矢印アイコンをタップします。

動画編集

 

複数のメディアを使用する場合には、
上記手順を何度も繰り返して、必要なメディアすべてを
選択しましょう。
これだけで、複数の動画を一つの動画にまとめる作業は完成です!

 

iMovieの使い方:基本編集

編集可能な作業はいろいろあるのですが、
今回は、一番良く使うだろうBGM設定と、
不要な部分を削る作業のみ紹介していきます。

・BGM設定

BGMを設定するには、用意されている曲を使用する方法と、
自分で選んで使用する方法があります。

 

今回はより簡単な用意されている曲をそのまま使用する方法を
見ていきます。
右上の歯車アイコンをタップします。

BGM選択

 

好みのプロジェクト設定を選び、
テーマ曲を「オン」にすると、
それぞれのイメージのテーマ曲がBGMとして流れます。

テーマ曲

 

・不要な部分の削除

動画の最初や最後に不要な部分が写っていることって
多いですよね。

そんな時、編集したい動画をタップします。

 

黄色い枠が表示されますので、
この枠をドラッグすると、不要なコマが消えていきます。
どこまでが必要なよーく確認しながら、編集していきましょう。

部分消去

iMovieの活用方法

iMovieでは、作成した動画を
YouTube、Facebook、Vimeo、CNN iReportに直接アップロードすることができます。
また、iPhoneのカメラロールに保存すれば、メールで送付することもできます。

 

このアプリがあれば、ビデオカメラも編集するパソコンも無くても
iPhone一つで、結婚式のプロモーションビデオや
お子様の運動会の記録など、すべてが楽しめますよ!

 

apuri