SBSettings「よくiPhoneの画面の輝度を変更してるけど、
いちいち”設定”アプリを起動して
“明るさ”に入ってスライダを動かすのは面倒臭い。」

 

「GPSとかたまにしか使わないから
電池の節約に使う時だけオンしてるけど時間がかかる。」

 

そんなことを思いついたら脱獄の始まりです。
今回は脱獄犯ならだれでも入れてると言ってもいいぐらい
脱獄犯みんなが入れてるアプリ、SBSettingsの使い方を紹介します。


Sponsereda Link

 

SBSettingsとは

SBSettingsとは何らかの操作をすることで
ワンタッチで設定を切り替えられるボタン(トグルといいます)
のあるウィンドウを呼び出すアプリです。

 

また、おまけに使わないアプリのアイコンを
消したりと便利なおまけ機能があります。

 

インストール方法

SBSettingsは標準リポジトリにありますので、
リポジトリの追加なしで、Cydiaアプリの”Search”から
検索してダウンロードすれば、インストールできます。

 

SBSettingsの使い方

インストールが完了したら、まず、
ステータスバーを横にスライドしてみましょう。

 

するとこのようなウィンドウが出てきます。
SBSettings 使い方

 

スクリーンショットではテーマ(スキン)を
変えていますが同じものです。下の”Refresh”ではメモリ解放ができます。
“More”をタップして設定画面に入ってください。

 

各項目について説明します。

SBSettings

 

Show Icon:オンにすると、この画面に入るための
アプリアイコンがホームアイコンに表示されます。
先ほどのようにいつでもウィンドウを出して”More”で出せますので
あまり必要ないとは思いますが。

 

SBSettings Options:SBSettings全般の設定です。
Statusbar Options全般:ステータスバーに表示する項目を
設定するのですが、アメリカ式表記のための仕様で使い物になりません。
日本人ならもっと自由に設定できる国産のStatusBarCustomClockを使いましょう。

 

Allow Lanch In Call:通話中にSBSettingsを使えるようにします。

 

Shows Hold Icons:長押しすると情報表示してくれる
トグルに対して上に小さいアイコンを乗せる機能です。

Max Of 2 Rows:トグルの列を縦に2つだけにします。

Disable Landscape:横向きになっているときには
SBSettingsのウィンドウが出てこないようにします。

Center Window:横向きでSBSettingsのウィンドウを表示させる場合、
中央に出てくるようにする設定。

Show Window Arrow:ステータスバーの中央に矢印を表示します。

No Animation:SBSettingsのウィンドウを呼び出してるときに、
アニメーションをしないようにします。

Changes:SBSettingsの新バージョンの変更が見えます。英語ですが。

Disable Window:SBSettingsのウィンドウが出ないようにします。

 

Set Window Toggles:表示するトグルの表示・非表示を設定できます。
“Max Of 2 Rows”を設定してない場合は12個、してる場合は8個表示できます。
右上の”Move Rows”を押すと並びかえができます。

トグルは別のアプリとしてもありますので、
それをインストールすれば新たなトグルを表示できるようになります。

 

Activation Methods:SBSettingsのウィンドウを呼び出すときの動作を設定します。

Dropdowns Window Theme:お好みのテーマに切り替えられます。
テーマ名の右にある矢印をタップするとテーマがどのようなものか見えます。
テーマもトグルと同じように後入れでき、デフォルトのもの以外のものも使えます。

 

Dock Applications:SBSettingsウィンドウ中央下の”Dock”をタップしますと、
このようなウィンドウが出てきます。

Dock Applications

 

ここでタップするとそのアプリが起動することになっていて、
ここで表示するアプリを設定します。12個までで並びかえはできません。

 

Disable Toggles:SBSettingsは下の画像のように通知センターにも
表示することができるようになっています。

通知センターに表示しない場合は、
ここをオンにして通知センターにSBSettingsが
表示されるのを無効にしてください。

表示する場合は設定アプリの”通知”でSBSettingsを表示するようにします。

Disable Toggles

 

Separete List:オンにするとSBSettingsウィンドウと
通知センターのトグルを別のものにします。

image

 

Set Nofitication Toggles:”Separete List”をオンにした場合の
通知センター内でのSBSettingsの表示トグルを設定します。

Notification Theme:通知センター内でのSBSettingsのテーマを設定します。

Notification Options:通知センター内でのSBSettingsの設定です。

No Toggle Labels:トグルの名前を表示しません。

Show Title:上にSBSettingsのタイトルを表示します。

More Button Row:”More”や”Refresh”の列を下に表示するようにします。

Button Titles:”More”や”Refresh”の名前を表示します。

Info Row:IPアドレスなどが書かれているところを表示します。

Refresh On Show:ここをオンにすることで変更が適応されます。

Hide Icons:ホーム画面上のいらないアイコンを非表示にします。

Mobile Substarete Addons:オフにすると項目内の各種アプリを
アンインストールせずに無効化できます。

System Options:システムをいじれます

Fix User Dir Permissions:iPhone内のディレクトリのアクセス権を修復します。
iPhoneがおかしくなったら試してみてもいいかもしれません。

Custom Carrier (MakeltMine):キャリア名の表示を自由に変えられます。
ちょうど私が”巫女”なように。

Numeric?:各種ステータスバーのアイコン表示を数値表示にできます。

Apple Killswitch:Appleの望まないアプリがインストールされたiPhoneを、
Appleが遠隔操作したり、該当のアプリを削除するためのものです。
まだ、一度も使われていませんが、オフにして無効化しておきましょう。

Delete Carrier Name:ステータスバーのキャリア名を非表示にします。

App Folders:インストールされているアプリ一覧です。

 

SBSettingsは脱獄iPhoneには必須!

設定画面の使い方は以上になります。
今回は設定方法がなかなか手強いアプリですが、
しっかり設定を煮詰めていけばもう手放せないアプリになります。

 

「脱獄犯なら誰でも入れてる」と言いましたが
このアプリを入れるために脱獄する人もいるくらいです。

使い方をマスターしてぜひ脱獄ライフを満喫してください。

 

脱獄