gUICache脱獄しているとよくアイコンがこんなふうに

アイコン 真っ白←白くなりませんか。

 

そして、リスプリングしても治らないことも多々あると思います。
それは、アイコンのキャッシュがおかしくなってしまったことが原因です。

 

ですので、キャッシュの再構築をしましょう。
今回は、それをやってくれる脱獄(Jailbreak)アプリ、
gUICacheの使い方をご紹介したいと思います。


Sponsereda Link

 

gUICacheのインストール方法

gUICacheは標準リポジトリであるBigBossにあります。
ですので、リポジトリの追加は不要です。
そのまま、Cydiaアプリの”Search”から”gUICache”と検索して、
ダウンロードすればインストールできます。

 

gUICache ダウンロード

 

gUICacheの使い方

ダウンロードが完了しましたら、普通のアプリと同じように
gUICacheのアイコンをタップしてください。

 

葉っぱを拡大したようなアイコンです。
gUICache 使い方

 

以下が、gUICacheの画面です。
見て分かる通り、操作するところは、赤枠で示しました、
“Rebuild”のボタン1個しかありません。

 

これをタップすれば、アイコンのキャッシュが再構築され、
リスプリングし、アイコンの表示が正常になると思います。

キャッシュクリア

 

はい、使い方はたったこれだけです。使い方は以上になります。
おそらくこれほど単純な使い方のiPhone脱獄(Jailbreak)アプリは存在しないと思います。
いや、インストールするだけで終わるものがありますね。

 

別に数個だけがおかしくなっても全く問題ないのがiPhoneのアイコン。
でも、どうしても気になっちゃうものでもあります。
脱獄して、ステータスバーのアイコンの色を変えちゃうような人は特にそうだと思います。

ちょっと落ち着かないことを、ほんとうの意味でワンタッチで
解決してくれる脱獄(Jailbreak)アプリの紹介でした。

 

脱獄(Jailbreak)