iPhoneのカメラのLEDフラッシュは常時点灯させておくことで
LEDライトとして使うことができます。

 

また、そのようにできるアプリがあり、中には通知センターから
起動できる便利なものもあります。

 

しかし、脱獄したのであればどうせならActivatorやSBSettingsから
できるようにしたいですよね。
いちいち使用アプリを中断して
懐中電灯アプリを起動させるのは億劫だと思います。

 

今回はSpringFlashという、Activatorのアクションと、
それをSBSettingsで使えるようにするトグルの使い方について解説します。


Sponsereda Link

 

まず、SpringFlashをダウンロードしてください。
標準リポジトリにある脱獄(Jailbreak)アプリですのでリポジトリの追加は不要です。
“Search”から”SpringFlash”と検索して出てくるものをダウンロードしてください。

SpringFlash

 

SpringFlashをインストールすればこのようにActivatorのアクションに
追加されています。これで、iPhoneは、いつでも、Activatorのアクションで
素早く前を照らすことのできる懐中電灯になります。

SpringFlash

 

次に、SpringFlashをSBSettingsのトグルから
起動する使い方をできるようにする方法を解説します。
他のActivatorのアクションと競合させたくない人におすすめです。
SpringFlash

 

SpringFlashと同じ要領で”Springflash SBSettings Toggle”
というアプリをインストールしてください。
そして、SBSettingsでSplingflashのトグルを表示する設定にします。

 

“Springflash”のトグルが追加されました。
これをタップすることでLEDライトが点灯します。

LEDライト

 

SpringFlash(とそのSBSettingsのトグル)の
使い方の解説は以上になります。

 

懐中電灯というものは使いどころが限られていて大きくて
携帯している人は多くいませんが、乗り物の鍵穴に鍵を
挿すときなんかにあれば非常に重宝するものです。非常時にも大活躍です。

 

そして、iPhoneは現代人なら赤ちゃん以外なら常時携帯している、
携帯電話の一種です。それに便利な懐中電灯の機能をソフトウェアで
つけられるわけですから不思議でお得ですね。

 

脱獄(Jailbreak)