mobileterminal脱獄は危ない。そのように考えていて
囚人に甘んじてる人も多いと思います。
でも、Androidの方がよっぽど危ないです。

 

AndroidはLinuxの一種なのですがAndroidは
Googleの都合のためにLinuxのセキュリティ関係の機能が
ごっそり削られています。そして、GooglePlayの2/3の
アプリはマルウェアと言われております。

 

そして、脱獄iPhoneにはセキュリティ対策をする手段がいくつかあります。
その中でも最も基本的なrootのパスワード変更の作業は、
脱獄後にすぐにすべき儀式のようなものです。


Sponsereda Link

 

そのために、今回はMobileTerminalの使い方をご紹介します。

 

MobileTerminalの使い方

ちなみに、rootのパスワードはロック解除のための
パスワードとは無関係です。
MobileTerminalは標準リポジトリのBigBossのアプリです。

 

そのままCydiaアプリの”Search”から検索して
ダウンロード・インストールしてください。

インストールが終了しましたら、ホーム画面からMobileTerminalを起動します。

 

アイコンは左上に >_ とかわいい絵文字のようなものが
出ている黒い画面です。では、使い方を説明します。
起動したらこのような画面が出たと思います。

MobileTerminal 使い方

 

これはMarisa-4Sという名前のコンピュータにmobileという
名前のユーザがログインしてるという意味です。
ここでのユーザ名はAppleIDとは無関係のローカルなものです。
まず、はじめにこのmobileのパスワードを変更します。

 

下のキーボードからパスワードを変更するコマンド、
passwdを入力してreturnをタップします。
すると、古いパスワードを求められますのでalpineと
入力してreturnをタップしてください。

 

この時もなにも表示されませんが
入力はされていますので恐れずに行ってください。
そして、同じ要領で新しいパスワードの入力です。

パスワード入力

 

確認のため、新しいパスワードは2度同じ物を入力することになります。
新しいパスワードはできるだけ破られにくいのにしてください。
大文字小文字両方のアルファベットと数字と記号が全て入っていて、
英単語の入ってないものが理想です。
更に再入力を求められますのでそれも同じ要領で。

 

では、rootのパスワードを変更します。
そのためにはまず、rootユーザに切り替えます。
su rootと入力後、returnをタップします。

rootパスワード

 

慣れてる方は思わずsudo passwd rootとやりたくなるでしょうが。
sudoは使えませんのでsuで。そこでまた、alpineと入力ください。
その後、passwdコマンドでmobileのときと同様にパスワード変更をしてください。

 

rootとmobileのパスワードは違うものが望ましいです。

 

最後には、exitと入力してreturnのタップをした後にホームボタンで
MobileTerminalアプリから抜け出すことをおすすめします。

 

いかがでしたでしょうか。
ターミナル(Windowsでいうところのコマンドプロンプト)に
不慣れな方はなぜこのような操作をしなければと思ったことでしょう。

 

しかし、脱獄iPhoneではこのMobileTerminalによって
PCでターミナルを使うのと同じようなことができます。
ターミナルには普通に操作するのではできないことを含め、
さまざまなコマンドがあります。

 

それによって脱獄iPhoneをおもしろい使い方ができるかもしれませんので、
ターミナルの使い方を知っておくのも悪く無いと思いますよ。

 

脱獄