日本を始め世界11ヶ国のAppStoreで無料1位を獲得した
LINE Brushというお絵かきアプリがあります。

 

LINE Brushは、
iPhoneで簡単に絵を描いたり、
写真を絵のように加工したりできるアプリです。

 

名前のとおり、LINEと連携しているアプリですが、
LINEと関係なく使うことができます。

使い方は直感的にわかるので、
私のように絵を描くのが苦手な人でも手軽に使えました。

 

LINE Brush
価格:無料

ジャンル:LINE 

★5段階評価:★★★★★


Sponsereda Link

 

具体的な使い方を紹介していきます。

 

LINE Brushの使い方:簡単!お絵かき

では、早速絵を描いてみましょう。

 

描くときのブラシの種類は、左下の筆のアイコン、
色は右下の丸いアイコンをタップすると、
選択画面が表示されます。

LINE Brush 使い方

 

ブラシタイプは、典型的な筆から鉛筆、彫刻ナイフ、判子まで
全部で27種類のブラシから好みのものを選んで、タップします。

ブラシブラシ2

 

色は、下のバーで基本色が選べ、
その上のバーで濃淡が選択できます。
好みの色を微調節しながら、みつけましょう。
カラー選択

 

筆と色が決まったら、絵を描いてみましょう。
下手ですが、コップです(笑
模様は判子ブラシでつけてみました。

完成

 

右上の「送信」をタップすると、
作成した画像をどこに送るか選択できます。

 

LINEに直接貼り付けるときは「LINE」
iPhone本体に保存するときは「アルバムに保存」
他のアプリと連携するときは「アプリを選択」を選んでタップします。

 

今回は、アルバムに保存しました。

LINE Brush 保存

 

 

LINE Brush:活用方法

LINE Brushは、撮影した写真を取り込んで
イラスト風に加工することもできます。
オシャレな絵画風にすることもできますし、
写真の不要な部分だけブラシでぼかして、モザイク調に編集することもできます。

 

LINEはもちろんですが、
一旦端末に保存し、ブログやfacebookなどに利用するのもいいですね。
スタンプなどと合わせて使うとより、LINEが楽しくなりそうです。

 

世界中だけ流行っているだけあって
いろんなメイキング作品が出回っていて本当に面白いです。
派生アプリでこれだけメイキング作品が出回っていたりするくらいですから
まだまだLINEの勢いは止まりそうにありませんね。

 

apuri