仕事でいただく大量の名刺を活用しようと思ったら、
データ化が必須!ですよね。

でも、データ化するために
パソコンで手入力するのは面倒だし、
スキャナで読み取るアプリでは、認識間違いが多く修正が大変・・・。

そんなあなたを助けてくれるEightという名刺管理アプリがあります。

Eightでは、カメラで名刺を撮影、登録すると、
オペレーターが人力でデータ化し、登録してくれます。
公式サイトによると、正確さは99.9%ということです!

10万人以上利用しており、日経ビジネスや日本経済新聞などにも
紹介されている人気ビジネスアプリです。

では、実際に使い方を見ていきましょう。

名刺 Eight
価格: 無料

ジャンル:ビジネス 

★5段階評価:★★★★★


Sponsereda Link

 

Eightの使い方:アカウント登録

Eightの使用するためには、
最初にアカウント登録が必要です。

「新規アカウント作成」をタップしましょう。

image

登録方法は、メールアドレスとfacebookと選べます。
今回は「メールアドレスで作成」を選びました。

image

必要情報を入力して、
「新規アカウント作成」をタップしましょう。

image

利用するには、プロフィールの設定が必要です。
「自分の名刺を撮影する」をタップします。

image

右下の「設定」をタップします。

数時間後、撮影した名刺に記載されているメールアドレスに
認証依頼メールが届きます。

そのメールに記載されているURLをクリックすることで、
本人確認が完了します。

image

 

Eightの使い方:名刺登録

プロフィール名刺を登録すると、ガイダンスが始まります。

image

「次へ」をクリックして、ガイダンスを見ていきましょう。
ガイダンスが終了すると、名刺登録画面になります。
カメラアイコンをタップし、名刺を撮影します。

image

名刺を撮影すると、下記の画面になります。
相手がEightのユーザーでない場合、
Eightの利用を促すメールが送信されます。

不要な場合、チェックマークをはずしましょう。
確認後、右上の「登録」をタップすれば、登録操作完了です!

オペレータがデータ化してくれるのを待ちましょう。
データ化が終わると、アプリ内の「お知らせ」で教えてくれますよ。

image

 

Eightの活用方法

Eightでは、facebookやgmailと連携することが出来ます。

この機能を使用すると、
facebookやgmail上の知り合いとEightで名刺交換することが出来ます。
撮影せずとも、名刺登録できますよ!

また、Eightで名刺交換を行うと、名刺情報に変更があった場合、
自動的に通知されます。
相手方の部署移動や連絡先変更なども、
リアルタイムで把握することができるので便利ですね。

apuri