せっかく撮った思い出の写真を失う前にバックアップする
ということは、とても重要です。
撮った写真の中に、パーティーとかデートの時の画像や
好きな人の写真が入っていたりしたら…。

 

もしかすると人間関係に悪影響を及ぼすかもしれません。
ですが、もっと最悪なのは会社の用事などで撮影した写真を失うこと!!!
これが一番辛いというか辛いで済まないことになれば、それは一大事です。

 

Amazon clouddrive
価格: 無料

ジャンル:オンラインストレージ 

★5段階評価:★★★★★


Sponsereda Link

 

こうなる前のバックアップ。
でも、撮ったすぐ後に保存するのは面倒くさいかも…そんな悩みを解決する!!!
ならこのアプリがオススメ!!!高評価!!!使い方も簡単!!!
ということで、今回は「Amazon clouddrive」というアプリを紹介します。

Amazon clouddrive

 

Amazon clouddriveの使い方

「Amazon clouddrive」は、基本的に世の中にたくさんある
オンラインストレージサービスと同じなので、使い方は一緒です。

 

パソコン、Mac、iPhone、スマホ、タブレット、どの端末からでもアップロード
ダウンロードが可能です。
ですが、「Amazon clouddrive」の少し違う点として
使い方より設定方法といったところが挙げられます。

 

自動保存機能というのがついていて、こういった系統のアプリの場合
携帯回線でアップロードするとどうしても通信量が多くなってしまうので
Wifi接続状態でなければ自動保存ができない設定になっている場合が多いです。

 

写真を保存する時は以下の画面のTOPから手動でアップロードして保存します。

写真保存画面

ですが、この「Amazon clouddrive」は設定を変えることによって
携帯回線でも自動保存が可能になっています。
(ちなみに、同じ系統のアプリでもこの「Amazon clouddrive」でも
手動での保存、つまりアップロードは可能になっています。)

 

左上の設定アイコンをタップすると以下の画面が
表示されますので設定を変更すると自動保存されるようになります。

自動保存

 

Amazon clouddriveの危険性は?

Amazon clouddriveのようなオンラインストレージアプリを使うに当たって
情報流出という危険性を考慮される方が少なからずおられるようです。

 

確かに昨今の、IT業界を見ていますといたるところでハッキングによる
情報流失というものが多くなり、そういった危険性を憂慮されるのは至極当然なことです。

 

ですが、この「Amazon clouddrive」。
調べてみると意外にも歴史が長く、多くのネットサービスの開発者などから
信頼性を得ているようです。
こういった開発者がこのようなサービスを利用するにあたって
考える点はなんでしょうか。それは流失などの危険性がないかです。

 

なぜなら、彼らの武器とするのは「情報」でこれを死守しなければ、何もないことになります。
そんな彼らから評価を得て、信頼も得ている。これ、結構重要なことだと思います。
もし、そういう流失の危険を考えるなら断言はできませんが、この「Amazon clouddrive」に
流失の危険性はないと思います。

 

さて、ここまで「Amazon clouddrive」の紹介をしてきましたが、いかがでしょうか?
使うのをちょっと渋るという方には、この「Amazon cloud」は5GBまでなら
無料
で使えて使い方も簡単なので、入れておいて損はないと思います。

 

最後に、こういったクラウド型のストレージを使って万が一に備えるのは良いことですが
普段から、こまめにバックアップをハードディスクなどにとっておくと、良いと思います。
また、iPhoneを壊してしまうような行為はやめておくのも重要なことです。

 

https://itunes.apple.com/jp/app/amazon-cloud-drive-photos/id621574163?mt=8