MusicStudioは、DAW(音楽作成)アプリとしては
定番となっており、サイトでは高い評価を得ています。

 

これはすごい!と巷では大好評なので、
いったい何がすごいのだろう?という興味本位で触れてみました。

 

今回は無償版のMusicStudio LITEです。
楽器演奏だけならLITEでも十分楽しめますので
簡単な使い方をご紹介します。

 

   

MusicStudio LITE
価格: 音楽

ジャンル:楽器演奏 

★5段階評価:★★★


Sponsereda Link

 

 

MusicStudio LITEの主な使い方

はじめに楽器の選択からです!

 

MusicStudioには、あらかじめジャンル別に
いくつかの楽器が用意されています。

 

まずは「Instruments」タブをタップし、楽器を選択します。
楽器を選択後、「Default」ボタンをタップします。

 

こちらが楽器選択画面。

楽器選択

 

次に演奏するための設定です!

 

楽器に関係なく、鍵盤またはコードを選択することができます。
「Keyboard」画面右上にある「鍵盤」アイコン
または「コード」アイコンをタップします。

 

鍵盤画面

鍵盤

 

鍵盤をタップするだけで音が出ます。
鍵盤は2段になっていますが、
鍵盤の音域(表示領域)は独自に変更が可能です。

 

コード画面

コード

 

9つの青いボックスをクリックすることで音声コードが出力されます。
また、コードは並べ替えが可能です。

 

個人的な使い方をご紹介。笑

私はキーボードで遊んでいます。
たまに気になる曲を頭の中で思い出しながら、
鍵盤で弾いたりするのが楽しい・・・

 

 

MusicStudioLITEのまとめ

楽器を買って演奏したい方は、楽器を購入するに越したことはありません。
しかし、楽器の演奏だけならMusicStudioLITEでも十分楽しめます。

 

また、本気で作曲活動に取り組みたい方は、
料版にアップデートしてもよいでしょう。

有償版にアップデートすると、作曲した音楽の保存が
できるようになったりしますので、利点は大きいでしょう。

 

apuri