カーナビは欲しいけれど、ちょっと高いし?
と購入に躊躇している皆様に朗報です。

 

「NavigatorX」というドライブナビゲーションアプリがあります。
有料版と無料版がありますが、無料版でも十分使えます。

 

NavigatorX
価格: 無料

ジャンル:カーナビ 

★5段階評価:★★★★★


Sponsereda Link

 

NavigatorXの簡単な使い方

NavigatorXを起動する前に、
iPhoneの自動ロックは解除しておきましょう

 

ナビゲーション中にスリープに入ってしまいますと、
NavigatorXは停止し、ナビゲーションをやめてしまいます。
曲がるポイントを逃すことになりますので、忘れずに実施しましょう。

 

まずは出発地と目的地を設定しましょう。
NavigatorXの地図上では、現在地は青い球で表示されます。

 

ナビゲーション設定画面

ナビゲーション

 

出発地は、緑のピンで表されます。
設定画面にて、緑のピンをタップすると4つの項目が現れますが
カーナビとして使用する場合、通常は現在地でよいでしょう。

   

出発地の設定画面

出発地

 

目的地は赤のピンで表示されます。
目的地の指定は、検索してから赤いピンのアイコンをタップし
目的地をマップ上でタップするのがよいでしょう。

 

オプション:ナビゲーションの際、経由地を設定することができます

 

経由地は紫のピンで表されます。
指定方法は、出発地や目的地と同じです。

 

経由地を設定したときの有効な使い方の例としては
たとえば観光地で観光名所を複数指定し
効率的に観光したい場合のルート検索です。

 

  • 虫眼鏡アイコンをタップし、道を探してもらいましょう

  • NavigatorXは、3 つのルートを自動的に検索してくれます。
    1から3までのいずれかのルートを選択します。

  •  

    検索結果画面  

    検索結果

     

    あとはナビゲーションに従って目的地まで運転するだけです

     

    カーナビのように、「間もなく、○○メートル先、○方向です」
    といった音声案内はありませんが、曲がるポイントが近づくと
    自動的に警告音が鳴ります。

     

    ナビゲーション中の画面  

    NavigatorX ナビゲーション中 

     

    目的地に到着したとき、次回の使用準備のための使い方

    ナビゲーションが終わったら、必ずナビゲーション画面上にて
    「停止アイコン」をタップ、「虫めがね」アイコンをタップし
    ナビゲーション設定画面に変えておきましょう。

     

    ※旧型のiPhoneユーザに対する注意

    NavigatorXは、メモリの消費が多いため、
    ルート検索時にする恐れがあります。
    あらかじめメモリを解放した状態で起動することをお勧めいたします。

     

    NavigatorXのまとめ

    GPSを内蔵しているiPhoneだからこそ、
    カーナビという使い方ができるのは言うまでもありません。
    また、カーナビに限定すれば十分利用可能です。

     

    無料で使い方も簡単なカーナビでアプリでは
    最高峰かと思われますのでよく旅行に行ったりする方は
    NavigatorXを一度使ってみて下さい。

     

    apuri