iPhoneのカメラは、ズームができません。
PNGファイルのため、写真を編集するときに拡大していけばよいのですが、
やはり最初から拡大した写真を撮りたい!ということで、
4倍ズームに対応している「Zoom Cam」の登場です。

 

Zoom Camの正式名称は「Zoom Cam – Pinch to Zoom」です。
Apple Storeでは「Zoom Cam」で検索できます
(「Camera zoom」というアプリもありますので注意が必要です)。

 

 

Zoom Cam
価格: 無料

ジャンル:カメラ 

★5段階評価:★★★★★


Sponsereda Link

 

ZoomCamの使い方

では早速ZoomCamの使い方を!
と思ったのですがZoomCamは特に複雑な操作などは必要なく
目標物に合わせて拡大し、シャッターを押すだけです

 

目標物に対して、最大4倍までズームが可能です。
見た目はほとんど「カメラ」アプリと変わりません。

 

ズームの使い方は、画面左側のスライダーを動かし、
中央部分のカメラアイコンをタップすることで撮影できます。

 

Zoom Cam起動画面

ZoomCam 使い方

 

Zoom Camの使い方応用編:撮影時に、画質調整ができます

 

1.画面下にあるFxボタンをタップします。

2.撮影時の画質設定項目を選択します。

 

画質調整の設定画面

画質調整

 

3.画面右側に「Fx」アイコンが現れます。
Fxアイコンをタップすると、撮影画面上にて2で表示設定した項目について、
詳細設定することができます。

 

撮影前の画質設定画面

色相

 

ZoomCamのまとめ

「4倍ズーム」があるだけでも強力なのに、
さらに画質調整までできる優れものです。

かなり遠くに離れた建物などをCoolに撮影する
といった使い方もできると思います。

 

同じ位置にて、1枚目がズームなし、2枚目がズームを最大で撮影した写真です。
どちらも、画質調整は初期設定のままです。

 

ズームなしズーム最大

 

使い方も簡単ですし「ズームができない!」と嘆くあなたに
かなりおすすめできるアプリです。
無料でこれだけのクオリティを提供してくれるのは本当有難いです。

 

余談:スキューバダイバー向け情報

昨年、スキューバダイバー待望のiPhone用ハウジング
(水深20mといった深いところでもiPhone本体を水没させて壊さないカバー)
が登場したようです。ハウジングユーザで手軽にマクロ撮影したい方には、
うれしいアプリではないでしょうか?