私はiPhone4ユーザです。
ここ最近、メモリ不足でアプリが起動しないということがよくあり
その都度電源オフし、再起動していました。

 

Apple Storeにいくつかメモリ開放するアプリはありますが
ほとんどが有料アプリでした。そのような中でフリーのアプリ
「メモリ」(フリー版)を発見し、試用してみました。

 

メモリオプティマイズ
価格: 無料

ジャンル:仕事効率化 

★5段階評価:★★★

 


Sponsereda Link

 

メモリ」の使い方:フリー版はご注意ください

フリーアプリの定めなのか、
起動するとサイトへの誘導画面が現れます。

サイト誘導

 

ここはいらないので、「Later」を押し、画面右上の×を押して、次に進めます。

メイン画面

メモリ解放

 

画面上部に広告が現れますが、こちらもここでは無視しましょう。
使い方は超簡単!タッチにするのは、「Optimize」ボタンだけです。

 

メイン画面では、4つのタイプのメモリ使用量が円グラフで現れます。
ここで見ておきたいのは、「Free(空き容量)がどれだけあるか」です。
(その他の意味は、サイトなどでご確認ください)

 

Freeが少ないと思ったら、「Optimize」ボタンを押します。
このとき、溜まっていたメモリが解放され、Freeの数値が大きくなります。
同時に、円グラフのFreeの領域が増えていきます。

 

参考:「歯車」ボタンを押すと、どのようなアプリが
起動しているかを確認することができます。
しかし、どのアプリを終了するか指定できません。

 

メモリオプティマイズの使い方まとめ

メモリ開放のために再起動する時間も惜しい、という場合に最適です。
また、溜まったメモリを開放するだけのため、
本アプリのフリー版で十分だと思います。

 

どうしても誘導画面に不快を感じる方は、
有償版へのアップグレードをお勧めいたします。
(有償版にしても、「メモリ」自体の使い方は同じだと思います)

 

※7月31日現在アプリのダウンロード配信が停止されているようです。
また、無料でメモリ解放できるアプリを見つけたら記事にします。