日本のiPhoneに標準搭載されている「カメラ」アプリは、
音声をミュートしていても、シャッター音が入ります。
これはiPhone側の問題で、どうにもならないそうです。

 

ここで問題になるのは、静かな環境下でiPhoneの
「カメラ」アプリが使えないということです。
シャッター音がしないカメラアプリがないものか?と探したら。
「無音カメラ」というアプリに出会いました。

 

無音カメラ
価格: 無料

ジャンル:カメラ 

★5段階評価:★★★★★


Sponsereda Link

 

 

「無音カメラ」の使い方:普通のカメラと同じです

無音カメラの使い方は基本的には
iPhone標準カメラと同じです。

 

「無音カメラ」の初期画面

無音カメラの使い方

 

 

画面下にある主な各種ボタンの使い方

設定項目がかなりの数がありますので
もはや無料カメラアプリの域を超えている
無音カメラですが主な機能設定だけをご説明します!

 

(左から)

1番目:カメラのレンズ切り替え(正面と裏面が入れ替わります)

3番目:撮影モード設定(カメラをはじめ4つから選択することができます。)

  無音カメラ

   

4番目:シャッター(中央部右のカメラアイコンでもシャッターを押すことができます)

6番目:各種設定

各種設定

 

さらに設定画面から画質変更も可能です!!

 

好きな画質を選べますので容量も効率よく利用できます。

画質選択

 

※あまりご存じない方のために説明しておきますと
iPhone標準のカメラアプリではパソコンの大画面で映して
超綺麗な画質で設定されていますので容量がバカでかいです。
iPhoneだけで使うなら640×480でも十分です。

 

起動したら、とりあえずシャッターを押してみましょう

「カメラ」アプリと異なり、シャッター音は一切しません。
その代り、一瞬画面が暗くなります。
また、撮影した画像は、「写真」アプリに保存されます。

 

「無音カメラ」の有効な使い方

静かにしていなければならない場所での撮影に最適です。
たとえば、バードウォッチング中、セミナーや講習会などの講演中などです。
決して誤った使い方はしないでくださいね。

 

個人的には旅行先で信じられないくらい写真を撮るので
その際にちょっとシャッター音が恥ずかしいんですよね・・・

だからシャッター音の鳴らないアプリとしては
無音カメラがかなり役だっています。

 

無音カメラのまとめ

標準アプリの「カメラ」と比べ、多機能であることがわかります。
しかし、保存形式がJPGであるため、
PNG形式で保存できれば「最高」というのが率直な感想です。

 

ただ、無料の無音カメラで設定項目も豊富で画質選択まで
できるのはかなり嬉しいですね。
iPhone標準カメラよりも凄く使いやすくておすすめです!

 

apuri