iMusic

iMusicというアプリが突然iPhoneから消えた!
消去してもいないのなくなった。という噂がネット上で
かなり出回っているようです。

 

消去もしていないのに突然なくなったなんて
ちょっとオカルト的な話ですが・・・
ただ、iMusic自体が合法かどうか問題があるということで
2013年になってから利用不可能になったようです。

 

確かに、iMusicをiTunesで検索してもアプリが出てこない。。
便利なアプリだっただけになくなった事によって不便に
なってしまったということで困っている人が大勢います。


Sponsereda Link

 

iMusicはYouTubeの動画を無料でダウンロードすることが
できるうえに電源をオフにしていても連続再生できるという
すぐれものアプリだったので利便性は抜群でした。

 

ただ、2012年10月にダウンロード規制法が適用が開始されたため
iMusicはその規制にかかり、合法性なしということで
ダウンロードができなくなってしまったようです。

 

規制法は簡単に言うと

違法アップロードされた音楽や動画をダウンロードした場合に
刑罰の対象となる
2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金または両方

という結構重めの刑罰が・・・

 

一般的にYouTubeにアップロードされている動画は
違法アップロードされているものがほとんどですから
それが合法性なしと判断された理由なんでしょう。

 

ただ、アプリが急になくなったというのは、、ナゾです。確かにiTunesからの
検索結果からは消えた状態ではありますが自分のiPhoneにダウンロード済みの
iMusicがなくなるというのはどういう仕組なんでしょうか。

 

iTunesとの同期の時にアプリを消去するような作用でも働くのでしょうか?
ちょっと考えにくいですが。。
ただ、iMusicがもうダウンロードできないことには変わりません。

 

もし、音楽を無料ダウンロードしたい場合は
今口コミで大人気になっている合法アプリがあります。
合法で音楽を無料ダウンロードという記事で紹介したアプリです。

 

せっかくiPhoneを利用するなら突然なくなったような
iMusicを探し回るのではなく合法性のあるアプリを利用して
安全にiPhoneライフを過ごすことをおすすめします。

 

※追記 iMusicの代わりになるアプリは?

ただ、どうしてもバックグラウンドで手軽に音楽再生が
できるようなアプリを探している人もいると思います。
iMusicの代わりになるアプリを探されているなら
以下のアプリが利用感が似ていますのでおすすめです。

 

⇒数万ダウンロードされた音楽アプリの記事はこちら