iPhone 水没iPhoneをトイレに落とした!

 

と、先日家族からメールがきました。
トイレに落としたらもうダメだろ・・・
そう思ったのですが動くというとのこと。

 

ただ、水没した際はそのまま利用していると故障してしまう
可能性が非常に高くなります
ので対処方法を調べて教えてあげました。

 

あと、もし故障した際のアップルの保証と修理費用についても
調べ尽くしたのでこちらに記事にしてみたいと思います。


Sponsereda Link

 

トイレに落としてしまうとなると
女性の比率が圧倒的に高いと思うのですが、、
どうしてもiPhone、もとい電化製品に弱い傾向にありますので
パニックに陥ってしまいがちです。

 

ですのでしっかりと対処方法を頭に入れておきましょう。
(「Ctrl」+「D」を押してお気に入れに登録しておくのもありです。笑)

 

トイレに落とした際は慌てないでしっかりと対処を

愛しのiPhoneがトイレに水没してしまったなんて
ショックすぎてパニックになる可能性が非常に高い。
私なら発狂します。笑

 

ですが、まずは慌てないでしっかりと対処することが重要です。
トイレに落としたあとに取り出してよかったー潰れてない(≧∇≦)/
何も対処せずに使い続けるのは絶対厳禁です!

 

対処1 電源をOFFにする

トイレに落とした後は必ず電源OFFにしましょう。
電源が切れてしまっている事が多いようですがONにするべきではないです。

 

電化製品というのは水に弱いので
電源を入れるとショートする可能性が高いです
ですので電源をOFFFにするというのは基本。

 

対処2 ドックコネクタの水気を拭き取るべし

次に行うべきは水気を拭き取る事です。
ただ、iPhoneで水気が入りやすい部分というのは1箇所です。
それがドックコネクタ部分。

 

充電する場所ですね。この部分から水が入ってきやすいので
ティッシュや綿棒で水気を拭き取りましょう。

 

iPhone ドックコネクタ

 

対処3 乾燥剤で密封する

最後は乾燥剤と一緒にジップロックなどに入れて密封します。
それによって中の水分をほぼ無くすことができるわけです。

 

乾燥剤はお菓子の袋の中などにありますし、
もしなければダッシュで買いに行きましょう。
愛しのiPhoneのためです。

 

対処しても治らなかった場合

残念ながら上記手順を踏んでも治らなかった場合は
修理かもしくは買い替えを検討する必要があります。

 

ただ、修理をするにしてもiPhoneの保証ってどうなっているのか。
保証なんて電気店で買った際なども説明はほぼありませんので
ご存知ない人も多いはずです。

 

iPhone公式HPにて保証対象などについて
確認できますので見ておくことをおすすめします。

 

率直に申し上げますとトイレに落としたなどの自己責任の
場合は保証対象に入りませんので修理か買い替えを検討することになります。

そこで気になるのが修理費用です。

 

あまりに費用が高すぎると修理するよりも買い替えた方が安いですからね。
公式HPにも記載があるのですが各端末の修理費用は以下のようになっています。

 

iPhone 修理費用

 

高っ!!!

 

と思ったのは私だけでないはず。
この修理費用を出すなら中古でもいいので買ったほうが安い気が・・・
水没は保証対象外ですから仕方ないといえば仕方ないですが。。

 

iPhoneにドックカバーをつけておこう

iPhoneを落として水没させてしまいがちな人は
予め対策を練っておいた方が安全です。

 

 

ドックカバーをつけるだけでもだいぶ水気の浸入を防いでくれます。
特に女性の方はトイレに落としたということをよく聞きますので
愛しのiPhoneを守るためにも装着しておくことをおすすめします。

 

そこまで高価なものではないのでリスク対策にはいいですね。

⇒楽天市場でiPhoneドックカバーを見る

 

以上、iPhoneをトイレに落とした時の対処方法と
iPhoneの保証・修理費用についてでした。
あなたのiPhoneが水没しないことを願ってます!