CameraiPhoneには標準されているカメラって使いやすいですよね。
余計な機能も備わっていないし画質も綺麗。

 

旅行に行った際は一体何枚取るんだ?というくらいの
枚数をカメラで撮りまくる人も多いはずですが・・・

ブレすぎやねんっ!!

そう思われている人も多いはず。

 

そこで、今回はiPhoneに標準搭載されているカメラで
100%ブレずにシャッターを押す裏ワザをご紹介します。


Sponsereda Link

 

100%と言うとちょっと大げさですが・・笑
関西人のクセで話を盛ってしまうということでご了承を。
ただ、かなり効果がある裏ワザですのでぜひ覚えて行って頂ければと思います1

 

裏ワザその1 音量プラスボタンでシャッターを押す

これって当たり前だと思っていたのですが、、
友人がシャッターがブレてブレて仕方ないと悩んでいたので
教えてあげると凄く感動していたのでご紹介します。

 

カメラを起動してiPhone側面にある音量プラスボタンを
押すだけで実はシャッターが押せるんです。
この方法だとほぼブレずに写真を撮ることができます。

 

iPhonepurasu

 

ちょう赤丸の部分ですね。
これでシャッターが押せますので一度試してみて下さい。

 

裏ワザその2 画面のシャッターボタン長押し

本当に基礎的な話しなんですが実家の母が知りませんでした。
iPhoneのカメラアプリは画面下部にシャッターボタンがあるため、
その部分を押すとシャッターが押せます。

 

ただ、シャッターを押した直後ってブレやすいですから
この方法だとかなり写真にブレが出る可能性が高いです。
そこでシャッターボタンを長押ししておくという方法があります。

 

iPhoneの標準カメラアプリは押した時ではなく
シャッターから指を離した時に写真が撮れるようになっている
ので
長押ししておけばブレが少なくなるということです。

 

裏ワザなのコレ?

と、思われた人もいるかもしれません。

 

ただ、周囲の人たちが機械オンチなので
さすがにこれは知っているだろうと思っている事ですら
教えてあげると歓喜の声を上げたりします。笑

 

そういうわけで今後もiPhoneに関する裏ワザ?を
どんどんとご紹介していきます。
まずは標準カメラアプリを使う時にプラスボタンを一度お試しあれ!