iPhone 振る

iPhoneを使っているとパソコンと同じような感覚で
使いたいのにショートカットキーなどがないので
不便に思うことって結構あります。

 

特に私の場合はCtrl+Zをよく使うのですが、
iPhoneではその機能が当然ないので不便だ・・・
そう思っていたのですが実はあるんです!

 

iPhoneを振るという原始的な方法
パソコンのCtrl+Zと同じような効果が得られます。


Sponsereda Link

 

では早速、iPhoneを振ると何が起こるのかというのを
1つずつご紹介していきましょう。

 

まずは文字入力。

iPhone シェイク

 

次にiPhoneを激しく上下に4~5回振ります。
すると取り消しという表記が出るので取り消しを選ぶと・・

 

見事、入力した文字が取り消しされました。

 

次に再度上下に4~5回振ってみましょう。
するとやり直すという表示が出てきます。

 

iPhoneという文字が戻りました。

 

iPhoneを振るというだけでこのような便利な機能が
あるなんてことを知らない人が結構います。

 

パソコンだと取り消し・戻るという操作は簡単にできますが
iPhoneの場合は入力ではなく振るだけで対応できます。

打ち間違いの多い私にとっては非常に嬉しい機能のご紹介でした!